「せいせいするほど、愛してる」

最初はタッキーの久しぶりの連ドラ!しかも恋愛もの!しかも相手は武井咲ちゃん!ってことで美男美女が美しく恋愛してくれることを期待して見始めたのだけど、いつの間にか見所がエアギターとジミーチュウになっていた、そんなドラマでした。ジミーチュウ優しいし強引さもあるし本当にいい男…。でも女の趣味が悪いというか見る目がなさすぎるのが唯一の難点かと。

原作未読ですが、さすが北川みゆき先生って感じのお話だなとは思ったなぁ。ヒロインがなんだかんだで全く冷静じゃないところとかね。ちゃんとした恋愛ものとして見るのではなく、マンガだし、ネタとしてこの昼ドラ感を楽しんでしまえばいいんだと思います。しかし副社長の趣味がエアギターっていうのと宮澤の勤務先がジミーチュウっていう設定は原作にはないんだよね?ドラマ化にあたりこの2つの設定を入れた人ほんとグッジョブだわー。

とにかく!この夏最強の当て馬ジミーチュウをありがとう!っていうのと、エアギターと正妻のキレっぷりのおもしろさに乾杯!っていう感想に尽きてしまうのだけど、この一見ラブストーリーと見せかけて実はかなりのネタドラマを、おそらく製作する側も楽しんで作ってたんじゃなかろうかとそんな気がしました。でもタッキーにはもっとテレビドラマに出て、今度こそちゃんとした恋愛ものをやってほしいなという希望は捨てない。

「好きな人がいること」

初回は正直あんまりハマらなくて、見てて多少イラッとするくらいだったんだけど、途中からどハマりしました。夏向くんに。


3話目か4話目かのラストで美咲ちゃんが机の上で突っ伏して眠ってる時に、それをいたずら半分で触ってみたときの夏向の表情ね!そこで一気にハマった自覚があります。山崎賢人さん、今まであんまり出演作を観たことがなかったんだけど(デスノートをちらっと見たくらい)、このドラマでは表情の演技が良いなと思いました。でもバラエティとかで話してるところ見た感じだと、実際はなんか少し残念な感じだよね…。あと夏向の着てる服っていつもゆるい色褪せたTシャツにこれまた色の薄いジーンズみたいな感じで、これ普通の男性が着てたら間違いなくだらしない感じになるやつだけど、それでも格好良く見えるんだからすごいなーと、そこはいつも素直に感心してた。


桐谷さんはなんか本当に少女マンガから出てきたような子だなって。前髪オン眉だし、無駄に高い位置のお団子頭だし、モテない風に仕上げてたけど、やはり髪の毛下ろしてるときとかは本当にかわいいなと思いました。美咲の喋り方って若干わざとらしいなと思っていたのだけど、あれは桐谷さんが意識的にそうしてたんだろうか。


ドラマなのでまぁ色々ツッコミどころはあるんだけど、どうしても気になるのは、

・レストランが舞台のお話なのに、レストランが休業してる日が多すぎるように思われること

・戸籍1枚見たら明らかなこと(夏向が養子だということ)を隠し通すためにレストランを売りそうになる長男

吉田鋼太郎の無駄遣い感

の3点です。特に長男はひどい!あの人一見やりての経営者って体だけど、戸籍のこともそうだし、あと閉館後の水族館に不法侵入したり、かなり頭悪いんじゃないかと思う…。


まぁでも夏の月9なんてイケメンと海があればなんとかなる!っていうのはビーチボーイズの頃からそうだから、そういう意味ではとても夏の月9らしいドラマだったと思う。わかっていたけど当然のハッピーエンドだし、これまたベタ中のベタな空港でのシーンとか。 

おそらく三兄弟の中で誰がいいか?とか妄想しながら見るのが正しくて、自分の場合、長男は前述のとおり無理だし、次男は女子の好きなポイントを抑えたS系男子だけど、あんな人実際にいたら絶対コミュニケーションとれないし思考回路もよくわからないところがあるし、結局一番まともというか、考えていることが理解できてのは三男なんじゃないかと思ったけど、三男学校サボって退学処分くらってるからな…。まともな人いないことに気付きました。改めて書いてみるとなかなかのドラマでした。


それでも毎週楽しく見てたので、やはり夏は夏でちょっと浮かれた感じでたまにキュンとできればそれでいいじゃんっていうのが結論です。

映画「キング・オブ・エジプト」

キング・オブ・エジプト観てきました。舞台挨拶の中継がある回を。

玉森さんの舞台挨拶の中でおもしろかったのは、

・無人島にメンバーを一人連れて行くなら?→みやた!

・最近ショックだった(←たぶんこんな感じの質問)ことは?→アボガドとキウイを買い間違えた!

ってところかなぁ。

あと

・好きなセリフは?→1ダース

っていうのそのときは意味分からなかったけど、本編観たら、物語の本筋とはまるで関係ない主人公たちがいちゃついてるシーンで出てくるセリフで、玉森さんほんと中学生…って思いました。

お相手の永野めいさん?は、ちょっと綾瀬はるかさんっぽい感じの喋り方をする方だなーと。永野さんがあまりにも天然なので、玉森さんはいつもよりしっかりモードで、それもおもしろかったです。

本編ですが、私そもそもエジプト神話には何の興味もないし、こういうアメリカで製作したド派手なCGものも、冒険ものも、滅多に観ることはないので…。なんかね、やたらと崖から落ちそうになったり、逃げ回ったり、建造物が崩れ落ちたりするのを見ると落ち着かなくて疲れてしまうんだな。

ストーリーはわかりやすいし、あとコソ泥と元王様が一緒に冒険するんだけどその二人のキャラクターも微笑ましくて、あとこういうのは最後もいい感じにまとまって終わるからそこはよかったんだけど、やっぱりこの手の映画は何かキッカケがあったり、誘われたりでもしない限り今後も観ないだろうなとも思いました。ハラハラするのが苦手なようです。

で、吹き替えですが、玉森さんと永野さん以外は主要な登場人物にはちゃんとした声優さんを起用していて、その人達が当たり前だけどみんな上手いので、そこと比べるとやっぱり玉森さんは軽めというか、サラッと話しているように聞こえてしまうなとは思いました。もっとドラマチックに話してもよいような気はする。あとやはり玉森さんの声がする…!と思ってしまうので、むしろ玉森さんについてあまり知らないような人の方が、結構上手いじゃんって感じるかも。

でも声で演じるということはちゃんとできていたと思います。喜怒哀楽を声だけで表現するって難しいと思うんだけど、そういうところはちゃんとできていたと思うので。

むしろ本当にやばいのは永野さんの方で…意外と登場シーンが少ないのでギリギリセーフだけど、これずっと出ずっぱりの役だったら私は観るのキツかったなと。吹き替えって難しいね!

あと原題は「Gods of Egypt」のようだったけど、これなぜキングに変えたのかなって、そういうところが地味に気になりました。